国際ブランドVISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの特徴

VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club

クレジットカードには

  • VISA(ビザ)
  • MasterCard(マスターカード)
  • JCB(ジェイシービー)
  • AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エクスプレス)
  • Diners Club(ダイナースクラブ)

の5つの国際ブランドがあります。

国際ブランドとはカード会社が提携しているクレジットカードの統括組織のことです。

この5つの国際ブランドが世界中でクレジットカードによる決済ができる体制を整えています。

各国際ブランドの特徴は以下の通りです。

VISA(ビザ)

VISA(ビザ)は世界の60〜70%と国際ブランドの中で一番のシェアを誇ります。

アメリカの企業が運営し、VISAは「Value Issuer Service Area」の略です。

MasterCard(マスターカード)

MasterCard(マスターカード)もVISAと同様に圧倒的なシェアを誇る国際ブランドです。

アメリカの企業が運営しています。

日本で使う分にはVISA(ビザ)でもMasterCard(マスターカード)でもそれほど違いはありませんが、海外で利用する場合は、MasterCardはヨーロッパ方面に強く、VISAはアメリカ方面に強いと言われていました。

しかし、現在ではそれほど変わりはないかと思います。

JCB(ジェイシービー)

JCB(ジェイシービー)は日本の国際ブランドです。

日本ではクレジットカード払いができる店でJCBが使えない店はないと言われるほど、最も加盟店が多い国際ブランドです。

しかし、海外ではVISA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)に比べると、使える店は減ってきてしまいます。

国内でしか使わないという人はJCB(ジェイシービー)だけでもいいですが、海外旅行に行かれる方は別途VISA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)を持つことをオススメします。

AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エクスプレス)

AMERICAN EXPRESS(アメリカン・エクスプレス)は通称「アメックス」と呼ばれ、富裕層から人気のある国際ブランドです。

T&E(トラベル&エンターテインメント)サービスが充実しているので、決済だけでなくサービス面やステイタスを重視する人にオススメです。

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Club(ダイナースクラブ)もAMERICAN EXPRESS(アメリカン・エクスプレス)と同様に富裕層から人気のある国際ブランドです。

サービス面やステイタスを重視する人にオススメです。