属性と借りる金額によって4.5%〜18%の間に割り当てられます。

カードローンの金利って4.5%〜18%と幅広いので、お金を借りる前に、どの程度の金利が採用されるのか知りたいと思うのも当然です。

金利4.5%なら借りたいと思うけど、18%なら借りたくないという人もいることでしょう。

でも、これは事前に知ることはできません。申し込んで初めて知ることができるのです。

カードローンの金利は利用者の属性によって決まります。

この場合の属性とは、金融機関から見た属性です。

金融機関から見て属性が高い人とは、貸し倒れ(借金の踏み倒し)の可能性が低い人です。

金融機関から見て属性が低い人とは、貸し倒れする可能性が高い人です。つまり、お金を貸してもちゃんと返済してくれない人です。

属性が良い人とは、安定した会社や公務員として勤務している人で、サラリーマンの平均以上の給料を得ているような人です。

属性が悪い人とは、アルバイトやパート、派遣社員といった収入が不安定で、収入が低い人です。

カードローンでは、属性が良い人には高い限度額を設置絵しますし、金利も低金利で融資します。

たとえば、限度額を800万円にして、金利を4.5%にしたり。

このケースでは、800万円をMAXにして、いつでも金利4.5%で好きな額を借りられるということです。

これほどの低金利で800万円もの大金をいつでも引き出せるというのは、属性の高い人ならではのステータスと言えます。

逆に、属性が低い人には、10万円までという少なめの限度額を設け、金利も18%と高めに設定したりします。

仮に、貸し倒れになったとしても、ダメージを少なくするためです。

属性の悪い人にお金を貸すということは、金融機関からしてみるとリスクをとるということになるので、金利も高くせざるを得ないのです。

つまり、カードローンで低金利でお金を借りるには、自分の属性を上げるしかないのです。

属性を上げる手段には、「安定した企業への転職」や「社内で出世して収入をアップする」などがあります。

どちらもすぐにできることではありません。時間をかけて築き上げてきたことが属性として反映されています。

金利は借りる金額によっても変わってくるが・・・これも属性ありき

借りる金額が多くなれば金利は下がりますが、限度額も属性で決まる!

金利は借りる金額によっても変わってきます。

たとえば、10万円借りる場合と300万円借りる場合には、どの金融機関でも金利は変わってきます。

基本的に、融資額が増えれば増えるほど金利は下がっていきます。

たとえば、低金利ローンとして評判が良いジャパンネット銀行では、以下のようなローン金利になっています。

  • 100万円未満:18.0%
  • 100万円以上150万円未満:15.0%
  • 150万円以上200万円未満:12.0%
  • 200万円以上250万円未満:10.0%
  • 250万円以上300万円未満:8.0%
  • 300万円以上400万円未満:6.5%
  • 400万円以上500万円未満:6.0%
  • 500万円以上600万円未満:5.5%
  • 600万円以上700万円未満:5.0%
  • 700万円以上800万円未満:4.0%
  • 800万円以上900万円未満:3.5%
  • 900万円以上1,000万円未満:3.0%
  • 1,000万円:2.5%

限度額1000万円なら2.5%という住宅ローンの固定金利と変わらない低金利です。

このように、借りる金額が多くなればなるほど金利も下がってきますが、そうはいっても、この限度額自体が属性によって決定されます。

金利2.5%で借りたいからといって限度額1000万円で申し込んでも、金融機関が「この人に1000万を貸しても、ちゃんと返済してもらえない。この人の属性なら限度額は300万円くらいだろう。」と判断すれば、限度額は300万円になり、金利は8.0%になるということです。

属性によって限度額が決まり、限度額によって金利が決まるなら、金利も属性によって決まるということです。

【属性 = 限度額】で【限度額 = 金利】なら【金利 = 属性】

とにかく、低金利でお金を借りたいなら、自分の社会人としてのステイタス、もっと言うと「社会的安定性」を上げるしかありません。

金融機関は収入ももちろん重視しますが、それ以上に重視するのは「安定性」です。

芸能人やスポーツ選手はサラリーマンと比べて桁違いの年収を稼いでいるかもしれませんが、来年も同じ年収を稼げるとは限りません。

芸能人は人気に波がありますし、スポーツ選手も怪我をしたら試合に出られなくなります。

つまり、芸能人やスポーツ選手は高収入だけど不安定でリスクの高い対象なのです。

一方、一部上場企業のサラリーマンや公務員などは、収入もそれなりにあり、安定感は抜群です。

中小零細企業は倒産する可能性はありますが、一部上場企業で倒産することは滅多にありません。

そういう意味では、社会的安定性が高い大企業社員や公務員は、借金によるレバレッジがかけやすい人たちとも言えます。

低金利でお金が借りられるということは、それだけ社会的ステイタスがあるということです。

そのステイタスを上手に使って、低金利カードローンでお金を借りて、そのお金を有効に使うことで、今の実力以上の成果を上げることもできるのです!

では、低金利な銀行カードローンを紹介します。

低金利な銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
スルガ銀行 »
3.9%〜14.9%

800万円
最短1分スピード回答、30分で契約完了。
平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能。
申込はWeb完結、来店・書類の郵送不要。
500万円までなら収入証明書が不要。
月3000円からゆとりの返済。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
専業主婦でも旦那に収入があれば申込可能。
イオン銀行のネットフリーローン
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
前年度収入が200万円以上ある人向け。

50万円までなら30日間無利息サービスを使うという手もあり

属性が低くても30日間無利息なら低金利で借りられる!

社会的ステイタスがあまり高くない人、つまり属性が低い人でも、低金利でお金を借りる方法が1つだけあります。

それは、30日間無利息サービスを使うことです。

30日間無利息ということは、30日以内に返済してしまえば金利0円ということです。

つまり、これほどの低金利はないという状態でお金を借りることができます。

消費者金融系のプロミスとアコムがやっているので、属性がそれほど高くない人でもバイトやパートをしていれば借りることができます。

ただし、30日無利息サービスは初回利用のみのサービスであり、初回は50万円が限度額になっているので、この方法だと50万円までしか借りられないと思われます。

もし、30日以内に返済できるという目処があるなら、こういったサービスを上手に使うのも低金利で借りるコツです!

初めてなら30日間無利息
サービス名 実質年率/
最大融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%

500万円
三井住友フィナンシャルグループ

最短1時間融資。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を持っている場合は「(24時間)最短10秒でお振込可能」。
Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも審査のうえ契約可能。
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
4.7%〜18.0%

500万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ

初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。

主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でもでも安定した収入があれば申込可能。