クレジットカードのショッピング枠の現金化は借金が増えるだけ

クレジットカードのショッピング枠の現金化はダメ!

クレジットカードの現金化は結局、借金が増えるだけ!

お金に困った人を狙った「クレジットカードの現金化」というサービスを提供する悪徳業者が増えています。

クレジットカードには次の2つの機能があり、それぞれに利用できる金額枠が設定されています。

(1)商品やサービスを購入して後払いにする「ショッピング」の機能
(2)カードを用いてお金を借り入れる「キャッシング」の機能

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いで購入するために設定されている「ショッピング」枠を、現金を入手することを目的として利用することです。

一時的に現金を手にできても、後日、手にした現金よりも高い金額の支払いをしなければなりません。つまり、借金は減るどころか増えるだけです。

また、クレジットカード会社はこのような使い方を認めていないため、現金化に利用したクレジットカードは利用停止となるおそれがあります。

クレジットカードの現金化の仕組み(1)
キャッシュバック方式

クレジットカードの現金化の仕組み(1)キャッシュバック方式

キャッシュバック方式の手順は以下の通りです。

  1. 消費者が、業者のホームページ等を通じて、クレジットカードのショッピング枠の50万円分の現金化を申し込み、商品(例えばCD-ROMなど)を購入する。その際、本人確認や商品発送のため住所や自宅・携帯電話番号、口座番号等を入力する。
  2. 業者がクレジットカードでの申込手続きが完了したことを確認した後、商品購入のキャッシュバックとして業者から消費者に40万円が支払われる。
  3. 後日、消費者はクレジット会社から50万円の購入代金を請求される。

上記の手順のように、消費者は一時的に40万円の現金を手にする代わりに、結局はクレジットカード会社に対する50万円分の債務(借金)を負うことになります。

さらに、「入金されない」「キャンセルできない」などのトラブルも発生しています。

適法であるかのように宣伝している業者もいますが、現金化は景品表示法の景品に該当しないに過ぎず、現金化が問題あることに変わりはありません。

クレジットカードの現金化の仕組み(2)
買取屋方式

クレジットカードの現金化の仕組み(2)買取屋方式

買取屋方式の手順は以下の通りです。

  1. 消費者は業者が販売する商品(例えば指輪など)を、クレジットカードを使って50万円で購入する。
  2. 購入後、同じ業者が消費者から商品を40万円で買い取り、消費者は40万円を得る。
  3. 後日、消費者はクレジット会社から50万円の購入代金を請求される。

上記の手順のように、消費者は一時的に40万円の現金を手にする代わりに、結局はクレジットカード会社に対する50万円分の債務(借金)を負うことになります。

さらに、「入金されない」「キャンセルできない」などのトラブルも発生しています。

適法であるかのように宣伝している業者もいますが、公安委員会が古物商としての許可を与えているに過ぎず、現金化自体について法律上問題がないと保証しているわけではありません。

クレジットカードの現金化の相談窓口

クレジットカードの現金化の相談は、最寄りの相談窓口につながる「消費者ホットライン」をご利用ください。

◎消費者ホットライン
0570−064−370

その他、以下のウェブサイトにも相談窓口が掲載されています。

女性のためのキャッシング・レディースローン

ランキング1位
レディース プロミス »
実質年率:6.3%〜17.8%

レディース プロミスの詳細

レディース レイク

ランキング2位
レディース レイク »
実質年率:15.0%〜18.0%

レディース レイクの詳細